地方でも優秀な家庭教師はいる!

学力の地域別格差に関するさまざまな見解は、皆さんも既にご存知の通りです。いわゆる「大都市ほど高く地方に行く程低い」と囁かれる傾向がそれで、非常に繊細な問題ではありますが、全否定出来ない数値的データの存在も無視出来ません。これは全国に分布する大学の所在地とも関連しており、大学生の家庭教師のレベルもまた、この傾向がそのまま反映されているとの説が根強いのも居実です。

ですが地方にも優秀な家庭教師は数え切れません。その理由は少し冷静になって検証すれば誰にでも理解出来ます。確かに全国屈指の有名大学は都市部に集中していますが、これはそのまま地方都市との規模や人口の差がそのまま反映しているに過ぎません。加えて家庭教師は自身の学生としての偏差値や成績がそのまま、より上手に教える、生徒を導く技量に繋がるとは限りません。言い切ってしまえば大学生であれば、小中学生の勉強を「見る」事は十分可能です。優れた家庭教師は生徒と視線を合わせ、得意分野を更に伸ばし苦手なポイントを生徒が理解出来る言葉で説明出来る先生を指しています。

「近隣に有名大学が無いから優秀な家庭教師は期待出来ない」と安易に決めつけてしまうのは、単に大きな間違いのみならず、お子様の可能性を伸ばすチャンスを自ら摘み取ってしまう誤判断と言わざるを得ません。