得意な科目を伸ばす

塾の講義ではたとえそれが個別指導であったにせよ、基本的には複数の生徒にミスマッチとならない「無難な指導方針」が選択実践されるのは、その指導スタイル上致し方ありません。平たく言い換えれば「まんべん無く平均的に学力をアップさせる指導」であり、結果苦手科目のウイークポイントをきめ細やかに埋め合わせられるとは限らないとの説が聴こえて来ます。
対して家庭教師は完全に生徒1人だけに特化したマンツーマン指導ですので、どのような指導を仰ぐのか、あるいは家庭教師側が選択実践するのか、これは話し合いと確認によって臨機応変な対処が可能です。そして注目すべき選択肢として、得意科目を更に徹底的に伸ばす指導が挙げられます。

得意科目であればお子様も当然、勉強するのが楽しく、自然と熱が入ります。気分良く勉強する事で成果が得られればヤル気に繋がり、それが自然と苦手分野を自ら積極的に補おうとする姿勢に繋がる期待値も十分です。家庭教師に指導を仰ぐ大きなメリットである「同席する他の生徒との足並みを気にせずに済む」点を最大限活かした勉強法として、ぜひ知っておいていただければと思います。いきなり短所を補う労力は半端では無い事は、既に勉強以外のさまざまな場面でご存知の通りであり、この事実をお子様の学習に上手に当て嵌めてください。