現役の学生に依頼する理由

家庭教師の選択に際しては、OBすなわち大学卒業後に学習指導のプロとして生計を立てている人達を推す声と、在学中の現役の学生を推す声、双方が混在しているのが現状です。OB推薦の声の理由としては、やはり受験対策指導のプロフェッショナルである点への信頼度と、指導経験の豊富さへの安心感が圧倒的です。対して現役の学生に家庭教師を依頼される方々は、めまぐるしく変化を見せる入試の現状と、家庭教師自身が直前に受験を経験している点に着目し、こちらを選択されています。

実際に大学入学後の「勉強」の内容やスタイルは、それまでの小中高での授業から入試までとは大きく異なります。自身が選択した専門分野に特化して掘り下げ、何より「習う」ではなく「探求する」学習であり、入試の「正誤を判定される」勉強とは全くスタンスが違います。この大学ならではの勉強に慣れるうち、受験勉強に求められる大切なノウハウを忘れてしまっても致し方ありません。
大学受験は関連情報を含め、全てに「鮮度」が求められます。指導経験の浅さや技量面では完璧とは言えずとも、現役の大学生に家庭教師を依頼するメリットは、それらをカバーして有り余ると判断する声にもまた、十分な説得力が確認出来るのです。