家庭教師は身近な存在

一昔前は裕福な家庭にしか縁がないと思われていたであろう家庭教師。今はテレビCMなどで宣伝を見ない日はないほどおなじみの存在になりましたね。家庭教師はただ勉強を教えてくれる人というわけではなく、生徒との信頼を築いたり一緒に悩み、喜びを分かち合える身近な存在なのです。ではどのような人が家庭教師をお願いしているのでしょうか?

成績を上げたい人、受験生、家庭の事情で塾への送り迎えができない人など様々です。または友達に知られることなくコッソリと成績アップを狙う人もいるでしょう。特に中高一貫教育を見据えて有名私立中学を受験しようと思っているご家庭は、あまり他のご家庭に知られたくないという考えから中学受験の勉強を家庭教師に頼むこともあるようです。小学生のうちから頼れるお兄さんお姉さん先生が側についていてくれていると思うと、苦手な教科もがんばれますね。より身近に、効率良く成績を上げるには、現役の大学生による家庭教師がおすすめです。特に東大や慶應、早稲田等知識が豊富な人でないと突破できない入試をくぐり抜けてきた人が良いでしょう。
大学生は小学生にとっては少し年上のお兄さんお姉さんのようで、わかるまでとことん答えを導き出す方法を一緒に考えてくれる、身近で優しい先生となってくれます。これまで数々の難問を解いてきた彼らが、きっと強い味方になってくれるでしょう。

家庭教師はお金持ちとか特別なご家庭だけのものではありません。もし成績が伸びないとか勉強しないと言う悩みがあるなら、一度試してみてはいかがでしょうか?