集中力を高める勉強法

受験生にとって力になるものといえば、周りの応援や自分が志望校に入学した後の生活を思い浮かべることなどだと思います。反対にやる気をなくしてしまうものもありますよね。勉強時間を増やしても一向に上がらない成績受験とは無縁な兄弟姉妹からのちょっかい、集中して勉強できないとイライラしてしまうでしょう。集中力を高める勉強法、一体どんな方法があるのでしょうか?

図書館での自主学習は、絵本を借りに来た子供が騒いでいることがあります。学習塾は個々の理解度別に指導してくれるわけではありません。やはりいちばん集中力が高まるのは、きれいに整理整頓された自分の学習机で、自分だけに指導してくれる人がいること。つまり家庭教師に教わることです。家庭教師の時間と言われれば、小さい弟妹たちも騒いで邪魔をすることもないでしょうし、側で勉強を見てもらうという程よい緊張感が集中力を高めてくれます。もし家庭教師を選べるようでしたら、たとえ中学受験を控えた小学生といえども東大や早稲田、慶応の学生がおすすめです。なぜなら彼らの知識は学力のみならず、知恵くらべのような少し捻った私立中学の問題でも柔軟な考えで答えを導き出せるからです。一つの問題に対して一つの考え方だけでなく、多方面から答えを導き出す方法を、日本最高峰大学の学生に直接教えてもらえるなんて嬉しいことですよね。

特に中学受験は、受験しない友達からの遊びのお誘いなどもあり誘惑が多いです。遊びたい盛りの小学生、遊びも友達づきあいも大切にして勉強は集中できるように、受験勉強の先輩からいろいろなことを吸収しましょう。