質の高い受験勉強

「早く勉強しなさい!」「今やろうと思ってたのに!」親子ゲンカでよくある会話ですね。勉強に限らず、何でも「やりなさい!」と言われるとなぜか反対にやりたくなくなるものです。
でも受験生はそうも言ってられません。がんばった分は必ず良い結果として残りますが、その反対ももちろんあります。やらされている感を感じることなく集中して勉強するには、質の高い受験勉強をする必要があります。具体的にはどのような勉強法が良いのでしょうか?

ただ教材や課題を与えられても、考え方や解き方がわからなければゴールは見えません。その場で教えてくれる人がいてくれると心強いですね。でも受験生に求められる学力は、中学受験でも高度なものなので、保護者が教えてあげてもつい感情的に「どうしてわからないの 」と怒って親子ゲンカにつながりかねません。
そんなときは第三者で指導のプロである家庭教師に指導をお願いするのが良いでしょう。家庭教師といってもピンからキリまでです。もし指導者を選べるようなら、東大、早稲田、慶應など難関大学の学生にお願いするのが良いでしょう。なぜなら彼らは数々の難問を色々な角度から考え、答えを導き出してきたからです。きっと受験生が納得のいく、質の高い指導をしてくれます。

わからないと投げ出してしまいがちな年頃の中学受験を目指す小学生たち。少し年上のお兄さん先生お姉さん先生に優しく教えてもらえると、今後のやる気にもつながるでしょう。