勉強のプロに学ぶ

自分の子供にはいい学校に行かせてあげたい、より良い環境で学校生活を送らせてあげたいなど、子を思う親の気持ちはいつの時代も美しいですね。親の願いだけでなく本人の気持ちも大切ですが、もし親子ともに「ここだ!」と思える学校が見つかったらその学校を受験する準備を始めなければなりません。それは高校や大学受験だけでなく中学受験でも一緒です。
「でもうちの子勉強得意じゃないから…」そんな人には家庭教師という勉強のプロに学ぶといいですよ。学習塾でも通信教育でもなく、家庭教師がいい理由とは一体何でしょうか?

集団で学ぶ=置いていかれる可能性のある塾と違い、その場で質問でき、自分が納得できるまで丁寧に指導してもらえるというのが最大の利点でしょう。周りに誰もいないから恥ずかしさはないですし、理解できたらさらにも一一段階上の問題にも挑戦できます。一人ひとりに合った進度で、わかりやすく工夫された自分だけの授業、学校にも塾にもありませんよね。自分のペースで進められるものといえば通信教育がありますが、まずやる気が起きなければテキストに手をつけることすらしないでしょう。
時間になったら来てくれる家庭教師、いつの間にか信頼関係も生まれ「先生の期待に応えたい!」と思えるはずです。家庭教師はいろいろ人がいます。もし先生を選べるなら東大や慶應大、早稲田大など難関大学の学生に教わりたいですね。様々な問題を乗り越えてきた彼らの学力と指導法は、きっと理解度を増やしてくれるはずです。

周りに受験勉強をしている人があまりいない小学生だと、もしかしたら時々「勉強勉強!」と言われることに嫌気が差すかもしれません。でも少し年上のお兄さん、お姉さん先生が側についてくれていると思ったら、やる気が湧いてくるでしょう。勉強も気持ちもサポートしてくれるのが家庭教師の良いところです。