わが子に合った勉強法

生きている以上全てのことが勉強だ、いうことをよく聞きますね。探究心が強かったり「どうしてこうなるんだろう?」と疑問に思う気持ちが強いと、いつの間にか知識が豊富になっていることでしょう。でもみんながみんなそうとは限りません。マンガやゲーム、おしゃれしたり友達とのおしゃべりが楽しくて、勉強なんて手につかないということもあるかもしれません。
息抜き程度ならいいのですが、受験生ともなると、早くから対策を立てている人とどんどん差が開いてしまいますね。楽しいこと大好き!でも勉強しないといけない・・・そんな子をもつ保護者は「わが子にはどんな勉強法が合ってるのかしら」と心配になることと思います。

特に名門と呼ばれる私立中学に進学したい、させたいと思っている家庭では、小学校の宿題、勉強プラス受験勉強、友達付き合いも大切で、時間がいくらあっても足りないのではないでしょうか。短時間で集中できて「これはこの後どうなるの?」ともっと知りたいと欲が出てくる勉強法だといいですね。
そんな都合のいい勉強法なんてあるの?と思われるかもしれませんが、家庭教師という存在がそれを叶えてくれるのです。なぜなら、教わる側にとって身近な存在となり、ほかに生徒がいないから自分だけに「もっと知りたい!」と思わせる指導をしてくれるからです。
中でも日本トップクラスの知識を持つ東大、慶應、早稲田の学生による家庭教師だと、勉強を教えてくれるだけではなく、学校の先生と比べて歳も近く親しみやすいので心強い存在になってくれるでしょう。

一人として顔や性格が同じ人はいないのと同じように、勉強法も個々に合わせた方法で指導してくれる家庭教師は、どうしたらいいかわからないご家庭にオススメです。