中学受験これでいい?

「夏を制する者は受験を制す」と昔からよく言われています。時間のある夏休みにたくさん勉強することは苦手分野をなくす絶好のチャンスですね。
大学受験や高校受験は進学を望む人なら誰もが経験し、周りの人と切磋琢磨できますが、中学を受験する小6の子はというと、夏休みの宿題は普通にあるし、友達から遊びのお誘いもあるし、その上受験勉強もあります。中学受験の勉強はこれでいい?大丈夫?不安になることもあるでしょう。
ではどんな勉強方法がベストなのでしょうか?

小6の夏休みといえばもう志望校を絞り込めていると思います。過去問題集などでこれまでの出題傾向がある程度わかったらその中の苦手な分野をひたすら勉強するといいのですが…苦手な分野は自分でどうにかできるものではないですよね。
保護者が教えてあげるにしても、現役の教師ならまだしも遠い昔に習ったことだから…とか、そもそも親の言うことを素直に聞かなくなってくる時期に親子二人三脚は難しいです。そんなときは家庭教師に来てもらうのが良いでしょう。なぜかと言うと、親自身が我が子の理解度習熟度がわかるし、親の目が届くというのも利点です。「うちの子の受験勉強、このままでいいの?」という不安もやわらいでいくことでしょう。
家庭教師といってもピンからキリまでです。お小遣い稼ぎ目的の学生や教師を目指す学生、元教師など様々です。もし担当教師を選べるのであれば、できれば東大や早稲田、慶應の学生に担当してもらいましょう。
在学している大学以外の学校もすべり止め等で受験してきている彼らは、たくさんの問題と向き合ってきたので色々な角度から問題解決のお手伝いをしてくれるはずです。
いい家庭教師に巡り会えれば受験勉強に対する不安もなくなるでしょう。