差をつける中学受験

昔はあって当たり前だったはずの部活動、今はA中学にはあるのにB中学にはないということがよくあります。少子化の影響や指導者不足という背景もあるのでしょう。せっかく中学生になったら部活動をがんばるぞ!と思っていても、出鼻をくじかれてしまいますよね。
もし進学するはずの中学校に魅力を感じられないようなら、思い切って私立の中学を受験するというのも一つの手です。公立の中学校では経験できないことなど、学校によって特色は様々ですが、そういった魅力もあります。ただ、どうしても必要になるのが受験勉強です。あれもこれもやりたい盛りの小学生、ほかの受験生に差をつける中学受験の勉強とはどんなものでしょうか。

まず志望校を決めるために情報を集めましょう。学校案内等の資料からでも、実際に見学に行ったり、在校生卒業生の声をネットで調べることもできます。学校ごとに特徴が異なるのと同じように、入試問題で求められる学力も様々です。過去問題集等で特色をつかんで、独学で勉強してもいいとは思いますが、それでほかの受験生に差をつけられるかというとそれは少し疑問です。やはり傾向と対策を熟知した指導者が側にいてくれると安心できますね。
東大、早稲田、慶應など日本トップクラスの学生による家庭教師に教わることができると、一つ一つ紐解きながら理解でき、わかった!がたくさん増えることでしょう。様々な問題を色々な角度から考え、答えを導き出してきた彼らの指導法は志望校合格への近道になります。

ライバルに差をつけ、希望する中学で充実した学校生活を送れるように、できる事をできる時に始めたいですね。