いつ始める?受験対策

人生には試練がたくさんあります。最も早く訪れる試練は受験ではないでしょうか。幼稚園児が小学校を受験する、いわゆるお受験は、本人よりも親が大変でしょう。でもいいなと思える私立中学があり、その学校を受験するにはやはり学校の授業以上のことを学習し、親子共に準備をしなくてはなりません。ではいつ受験対策を始めるのがいいのでしょうか。

一般的に、6年生の一学期には志望校を決めておくべきと言われています。というのも、各学校ごとに入試問題の傾向が違うので、そのための対策を立てておかないといけません。ですから5年生のうちには学校見学や文化祭などで実際に足を運んで目で見て確かめておくのが良いでしょう。
志望校が決まったら過去問題を参考に、苦手な分野はできるように、得意な分野はもっと伸ばせるようにするのが理想的です。そのために家庭教師に指導してもらうことが志望校合格への第一歩となるでしょう。中でも様々な問題を解き、数々の試練を乗り越えてきた東大生や早稲田、慶應の現役大学生が家庭教師として来てくれるなら心強いです。いつ何をやればいいか、リフレッシュするにはどんな事がいいか、スランプから抜け出す方法など、勉強以外にも頼りになります。

準備は早いほうがいい受験対策ですが、開始が遅れてしまったとしても慌てることなく、家庭教師の支えを信じて様々な試練を乗り越えていきたいですね。