やる気が出る受験勉強

勉強は自分の興味のある教科だとやる気が出て、もっと知りたい!もっと勉強したい!と思えるものですが、苦手な教科だとやる気が出てこないですよね。やった方がいいではなく、やらなければならないという状況だと、何から手をつければいいのかお手上げ状態になるでしょう。でも受験生はそうも言ってられません。
高校受験、大学受験だけでなく、特に中学受験を控えた小学生は、受験しない友達からの誘惑も多いです。やる気が出る受験勉強はどのようにしたらいいのでしょうか?

わからないことは自分ではどうにもできません。その道のプロに教わることが「わかった!」への近道です。受験専門の学習塾は周りの生徒との理解度に差があるかもしれません。
質問できず、理解できないうちに授業が進んでいくこともあるでしょう。通信教育も自分から手をつけなければ終わりです。
質問することが恥ずかしくない家庭教師はその点身近な存在で、何がわからないかわからない、ということがなるなるでしょう。「わかった!」から「もっとやりたい!」とわかりやすい指導をしてくれるのはやはり数々の難関を通り抜けてきた東大、慶應、早稲田の学生たちです。
日本最高峰の学力をもつ東大生に、大学ごとに様々なクセのある私立大の問題を突破してきた慶應、早稲田の学生。本人たちもやる気を出して勝ち抜いたきたので、誘惑の多い中学受験を目指す小学生の心強い味方となってくれます。

家庭教師は問題を解く楽しさを教えてくれて、その先にある道を開く手伝いもしてくれるでしょう。