今から始める中学受験

「我が子に最高の教育を」そう願う大人の中には小学校から国立や私立の有名校に子供を通わせる人もいることでしょう。でも小学生のうちは走り回って元気に遊んで、勉強以外にもスポーツやボランティアなどいろいろな世界を見てほしいと、公立の小学校に通わせる人も多いと思います。一通り元気に遊んだし、小さいうちにしかできない経験もたくさんできたから、中学からはより良い教育を!と考えるなら、なるべく早く、今から始める中学受験対策の必要があります。

その場合、まず最初にやるべき事は情報収集です。各学校の教育理念や安心して通学できるかどうか、また学費についてもとても大切なことです。
そして実際に通う事になるお子さん本人が魅力的に感じるかどうかも大事ですね。そして進むべき道が決まったら入試問題の傾向を調べる必要があります。
学力重視の学校もあれば人としての中身を評価してくれる学校もあります。ただどんな学校でも、小学校の授業内容よりも上をいく内容の勉強は受験時も入学後も必要になってくるので、応用問題や発展問題などは数多くこなしておく必要があります。それには塾での勉強もいいですし、マンツーマンでとことん教えてくれる家庭教師は近い距離で親身になって指導してくれるので、より良い勉強ができます。
これまで様々な問題と向き合ってきた現役東大生や早稲田、慶応の学生による家庭教師だと、より良い指導だけでなく、受験校ごとの対策も一緒に考えてくれます。きっと頼れる存在になるでしょう。

中学受験の準備はなるべく早めのスタートをきることが大切です。準備が遅れたとしても、質の高い勉強ができれば良い結果が待っています。